しろまさ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
タイトルなし
2009-10-31-Sat  CATEGORY: 未分類
FIM フィム→機能的自立度評価法

医学的リハビリテーションのための統一データセット利用の手引き

患者の能力低下の重症度及び医学的リハビリの治療効果を記述する
最近まで 能力低下について 記述し 伝達する為の統一した方法は存在しなかった。
定期的な再評価を行うことで患者の機能の経時的(時間たつ~)な変化が評価でき リハビリテーションの治療効果を把握できる。
同一の信頼できる方法で能力低下を評価できるような適切な評価尺度。

機能的自立度評価方はこのような目的をもってうまれた→FIM(ふぁんくしょん、いんでぃぺんだんす、めじゃー)

七段階のスケールにより
セルフケア 排泄管理 移乗 移動 コミュニケーションおよび社会的認知能力を評価するもの

FIM利用の為の基本原則
フィムは 最小限の 項目だけが 含まれる。
評価可能なもの全ての活動を組み入れたものじゃない。→能力低下の基本的な指標となるものだけ

フィムは能力低下(ディスアビリティ)の評価法で機能障害(いんぺあめんと)の評価法じゃない

実際に行っている事の評価できるかもしれない評価は含めない。→実測主義

専門的な分野毎に スタッフ間で 評価分担

評価は 項目の観点のみ
→例えば 排泄なら 患者がトイレに行けるかは考慮しない。→それは移乗の評価

レベル6に関してまず考慮→患者がその課題を行ったとき けがをする危険性

人間全ての活動→患者が その活動を行ったときに被るリスクと その活動を行わなかった場合の(別の意味で)リスクの間のバランス 大事

☆データセット コード化
いつする?→少なくとも2回データセット コード化→患者の入院後72時間以内および退院前72時間以内

☆FIM 評価手順
検査によりけがをする危険があるとき→レベル1と記入
FIM→18項目 最高7点 最低1点


自立→介助なし
7 完全自立 適切な時間内に安全に遂行できる
6 修正自立 ある活動にさいして 次のうち一つ以上が必要 補助具使用 通常以上の時間 安全性の考慮

介助→活動にさいして 他人の監視または介助を要すまたはその動作をしていない

部分介助→患者が半分以上の労力を行う。必要な介助のレベルは以下

5 監視または準備 介助者が必要な物品を準備したり装具を装着したりする

4 最小介助 患者は【手で触れる程度の介助】を必要とする。そして患者は75%以上の労力
3 中等度介助 患者は手で触れる程度以上の介助を必要とする。 または患者が75%未満 50%以上の労力を自分で行う。
完全介助→患者は半分(50%)未満の労力しか行わない。最大または全介助が必要。 または活動を行わない。必要な介助のレベルは以下

2最大介助 患者は50%未満の労力しか行わないが、少なくとも25%は行っている。
1全介助 患者は25%未満の労力しか行わない。

以下 18項目の評価

A食事
食事が 用意 された状態からの 一連の動作
6修正自立→改良器具 通常以上の時間 刻み食(性状変化) 非経口栄養 胃ろう栄養などは 患者自ら 管理している場合、

【管理できてないなら→1全介助】

B整容
口腔ケア 整髪 手洗い 洗顔 髭反り 化粧

C清拭(入浴)
首から下を洗うこと(背中は含まない)
7完全自立→入浴し 身体を乾かすこと。
(あくまで洗って乾かすことのみを評価する)

D更衣(上半身)
腰より上の更衣 又 着用しとる人は 義肢または装具の着脱
7完全自立 引き出しやらから衣類を取り出すことを含めての着脱。
6修正自立→マジックテープ前開きなどまたは補助具
5更衣(下半身)
ほぼ同上

Fトイレ動作
陰部 清潔 トイレまたは差し込み便器使用前後の衣服を整えること

G排尿コントロール
7完全自立 完全に【随意的】にコントロール、ひゃくぱー失禁しない
6修正自立→しびん 差し込み便器 簡易便器(ポータブル)カテーテル おむつ 吸収パッド、尿路変更、コントロールの為の薬剤。
カテーテルなら 自ら水切り、洗浄、消毒。 失敗しない。
5監視または準備
更に失敗が月に一回未満
4最小介助
失敗が週に一回未満
3中等度介助
失敗が1日に一回未満
2最大介助
介助しても 患者は頻繁にまたほぼ毎日湿った状態

☆排尿管理の機能的ゴールは尿道かつやく筋が必要な時だけ開き 他は閉じてる排尿管理の成功の程度と必要な介助のレベル
低い方を記載
H排便コントロール
ほぼ同上

I 移乗 ベッド 椅子 車椅子→歩行が移動の主要な手段ならば起立動作を含む

7完全自立 歩行→椅子に近づき座る そこから立つ。ベッドから椅子に乗り移ること、安全に行う
車椅子→ベッド、椅子に近づき、ブレーキをかけ、フットレストを上げ、必要ならアームレストをとり、立位で方向を変えるか、または滑って移動、そしてもとにもどる。安全に
6修正自立
スライディングボード リフト てすりやらを使って 通常以上の時間 安全性のこうりょ
☆ベッドから椅子への移乗の評価は 患者は仰臥位から始め 仰臥位までを行う
7移乗 トイレ
便器に移ること及び、離れることを含む
ほぼ同上

8移乗 浴槽 シャワー
浴槽 または シャワー室に入りそこから出ることを含む
ほぼ同上
【7と6の違いとしてわ、通常以上の時間がかかるか。危険性があるか】

9移動
立位→歩行 車椅子→平地での使用
車椅子→横断歩道を安全に渡れるか
7完全自立
補助具なしに最低50メートル歩行。車椅子はだめ
6修正自立
最低50メートル歩行するが、下シ装具、ギシ 特別に改良した靴 杖 歩行器を使用。
歩行しない場合、車椅子、電動車椅子を操作して最低50メートル。少なくとも勾配3%の坂を乗り越える 敷物の上、ドアの敷居での操作
5例外(家庭内移動)
補装具の使用の有無にかかわらず短距離のみ(最低15メートル)歩行。
通常以上の時間。または安全性の考慮。あるいは手動、電動車椅子を自立して短距離(最低15メートル)
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨日は
2009-10-20-Tue  CATEGORY: 未分類
20091020161920
新屋教授と飲んだ。

亀有で待ち合わせて
駅周辺の地図を見ると
気になる名前の歯医者を発見
寝たきり老人歯科診療所。さすが 葛飾 足立 江戸川あたりは 迷いがないね!
そして 久し振りの江戸っ子へ!暖簾を潜ると衝撃の光景。
いつものマーシー似の店長と一緒に イケメンの男子が焼き鳥を焼いてる!
何と、マーシーの息子さんらしい。3代目だ!一代目は、家の父親に聞くと 背むし男と有名だったらしい。二代目はマーシー。因みに早稲田大学出てるらしい。そして三代目。どうなるのかしらん。
そして、オバチャンにお酒を頼む佐藤と教授。ボール二杯下さい。『二杯でいいの?』はい、大丈夫です。
このやりとり、かなり不思議だ。

四杯くらい飲んだらオバチャンに追い出されて 公園で飲む。学生飲みだ!
いつの間にか、見知らぬ中国人が我々の前に躍りながらやって来た。
さーらりとしたー、ふんふんふん。さーらりとしたーふんふんふん。としきりに言うから、僕らは 梅酒!!梅酒!!と言ってやると 尚 上機嫌で 我々も一緒に さーらりとしたーうーめーしゅ!と言った後、何故かサッカーになってしまった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
タイトルなし
2009-10-19-Mon  CATEGORY: 未分類
20091019033015
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
タイトルなし
2009-10-18-Sun  CATEGORY: 未分類
もつ鍋作っちゃいまった。親と飲みました。
幸せな一時。
こーいぅ時間があるという事を当たり前と思わず、、、てか、
最近は意識しないと作れないから
大切だなあと思う。


明日は新屋教授と飲みます。来たい人もしいたら 連絡下さい
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
タイトルなし
2009-10-17-Sat  CATEGORY: 未分類
いつかちゃんの日記いいっすな!

佐藤も適性検査そんな感じだったわ。

運転マナーだけはAだったね。何かがEマイナスってなってて、

慎重になりすぎて逆に危ないみたいな。

でもふつーに横浜とかドライブに行ったりしてたわ。前は。ハガ君に訓練してもらって。


冬も楽しみにしとります!
何とか今週も乗りきれそうだな!!今日は老年医学やわ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
レジュメ用
2009-10-13-Tue  CATEGORY: 未分類
肘の屈曲制限

何故 右に比べて左のが
時間がかかるのか

1右ききの為
単純に左手を普段から使いなれていない為

2目と手の協調性があわない。
対象物までの距離を視覚で捉えて、このくらい手を伸ばせばよいなという固有覚、運動感覚、(前庭覚)の合わせ技で(感覚統合)今まで通りに腕を伸ばすと、
肘の屈曲制限されていて
今まで通りにいかない。
そこで運動を工夫して目的を達成しようとする。
つまり、今までは大脳で(物をとる)ってだけの指令だけでよかったのが(後は小脳や運動連合野やらが自然に行ってくれていた)、何か今までと違う場面に出くわす度(この手の伸ばし方じゃあかん~、肘が曲がらんからその分、いつもより手を曲げてみよう)いちいち考える。意識する場面が多い運動ほど高度な運動なので、目と手の協調性がうまくいかない事により、運動が高度になっている為に時間がかかる。


3運動制限
A肘の屈曲を制限されている分のリーチを体感のカイセンや側屈で補おうとする。基本的に体幹にいくほど粗大な運動になってくるから、時間の短縮も肘に比べて短くならない。(ふつーに、肘が稼ぐリーチでの最大速度を体幹で出そうとしても遅くなる。体幹動かしてもエクソシストみたいになる。)
B遠位でわ 手関節で屈曲の距離をとろうとするが これも普段とは違う動き。
c掴む
掴み方が変わっていた。
→?(やり方を模索していた?それしかできないからそうなっていたわけじゃないと思うのよね)

C 布を捲る検査に関してはタイムがあがっていた。これは、主に手首と手指に運動が集中しているからだと思う


【φ(..)】
無意識な動き、、奇跡を辿る→今まで通りにやってしまう→うまくいかない→修正しようとする働き(やりなれていない運動)→高度な運動。→意識することが多いから
(大きな指令は大脳からでるが、その他の細かい指令は小脳からでる。バランスとか筋力とか無意識な)



固有覚→体の位置を感じてるという無意識。目をつむっても このくらいの位置とわかってる

位置覚→深部感覚の一種
ボディイメージ

運動感覚→関節動かした時の方向や速度
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 しろまさ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。