しろまさ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
内臓学
2009-02-04-Wed  CATEGORY: 未分類
仕事から帰ってきた!
最近はかなり調子よい感じ。つまりは元気だ。

ようやく内臓だ。

内臓も解剖学なんだけれど 解剖よりも生理のが面白い。
解剖ってのは 構造の話しで生理は機能の話しです。構成って事は単純に
位置と名前を覚えるって事で、例えば 肝臓は
右の上の腹に ボコッてあって 右と左に別れて、右のがでかくて、胆嚢がくっついていて 胆嚢の中に肝臓で作られた胆汁を貯蔵して、肝臓の右と左は 肝鎌状間膜で区切られてるとかってまあ 位置と名前ね、そこから全ては 始まるんだけどさ、生理は じゃあ その肝臓の機能は?って話しなわけで
やっぱりそっちのがオモロイ。 例えば血液の流れ方を理解できれば 何でガンが転移するか解るし
何で 足が浮腫むのかとか、浮腫むのはバイタルサインだから 浮腫みマッサージして とってあげても何の解決にもならなくて
例えば 水分不足でもなるし タンパク質とらなくても 浮腫むし、単純に ずっと動かなきゃ浮腫むし 、 何で浮腫んでんのかって大事なわけで、タンパク質不足なら 肉食わせりゃよいし、 用は 肉とか足りてないって サインなんだよね。体が 肉くいてーっつってんのよ。

体のメカニズムと 病気が繋がるのは面白い。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 しろまさ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。