しろまさ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
タイトルなし
2008-03-03-Mon  CATEGORY: 未分類
今の職場は 全員 オタクの人ばかりで
よく サンマのからくりテレビなんかで 変な人出てくるじゃない?
あの人達を プライド高くしたみたいな感じ。

あまり話せないんだけど 唯一 話が合うのが
死に希望を見い出してるヤツ。
不謹慎だけど 精神病とか魅力を感じてしまうんすよねぇ、と。
前の彼女の精神話をすると 目をキラキラさせていた。彼は要領がよくて、
本気じゃない。
自分でも ぶってるだけだって言ってる通り
ほんとに死にたいわけじゃない。
でも フレーズが面白い。
自分は 死にたいって思う気持ちがますます強くなってきたんすよ
死が終わりじゃなくて
むしろ そこから 先が
よぅやく 始まりなんすよね。
だって生きてたら
腹も減っちゃうんすよ? カッコ悪くないですか?
生きてる間は 空も飛べないんすよ?
とか言ってさ、
死ぬ気はゼロ。かまって欲しいわけでもない。
ユーモアとして言ってるんだ。

精神で思い出したが、
19の頃 芸人していた時
バイト先の自遊空間に
精神病になってしまった子がいて
僕の芸人仲間に
遊ばれて 捨てられてしまった事が原因なんだけど、 あぁ それが 馬鹿の松永だよ!野郎!
で、その子はよく手紙を 書いていね。
松永くんがあたしを嫌いになったのは 悪魔が
取り付いているからなの。あたしが 上手にピアノを弾いて 悪魔を退治しなきゃならないから 会いましょう。 みたいな手紙の添削をさせられそぅになった時、台風が来て
大雨 雷、うわあぁー!突然の叫び。どうやら この台風も松永に取りついた悪魔の仕業らしく
真っ暗の中、ひたすら叫びながら ピアノを引き始めていて 俺は 困ったなぁと。

小論文ってのは
これって 決まった書き方があるんだ。
その形に自分の 言葉を当てはめて 初めて 人が 読んでくれるんだって。
なるほどなるほど。

馬鹿を馬鹿にする ユーモアが 昨今 蔓延している。ひとつも笑えないが
更に素人が それをやる。
プロはそこに芸があるけど 芸がぬけてただ 馬鹿を馬鹿にする事のみが
面白いって思ってる人が多い。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 しろまさ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。